メールも大事ですがプロフィールも忘れない

出会い系サイトでは、もちろんメールが大事であることは言うまでもないでしょう。
相手と知り合うきっかけや、相手とのコミュニケーションは、メールが主軸となるわけですから。

ただ、メールが大事なのは当然なのですが、もう1つ大事な要素を忘れてはいけません。
それは、何といってもプロフィールです。

プロフィールは、どの出会い系サイトでも必ずと言っていいほど搭載されています。
年齢や地域などの基本情報から、趣味や出会いの目的や自己紹介など、詳細な情報までプロフィールに記載することができるのです。

つまり、プロフィールは出会い系サイトでの自分そのものなのです。
プロフィールを作成することで、初めて出会い系サイト内での自分を作ることができるのです。

にも関わらず、プロフィールを全く書かない人や、あるいは書いても適当に済ませてしまう人が本当に多いのです。
プロフィールを書かないことは、自ら出会いのチャンスを大幅に狭めているようなものなのです。

そもそも、どんな人物か分からないような相手と、出会いたいと思う人がいるでしょうか。
自己紹介すらまともに書いていない人からアプローチされても、相手からすれば不気味なだけなのです。

それなら、しっかりとプロフィールを書いている人の方が、安心してやり取りできるでしょうし、そのような人と出会いたいと思うわけです。

したがって、プロフィールを書いているか否かで、出会える確率は圧倒的に違ってくるわけです。
ですから、絶対にプロフィールは書くようにして、なおかつできるだけ相手の印象に残るようなプロフィールを書くようにしましょう。

また、プロフィールの情報をきっかけに会話を広げることもできるので、それだけ相手との会話も長く続けることができるのです。
そういう意味でも、プロフィールにはできるだけいろんな情報を記載するようにして、どんどん話題を広げるようにしましょう。

どうやって自己アピールする?

出会い系サイトで知り合った相手とメールのやり取りを通じて、関係を深めていきます。
その際に相手に会いたいと思わせるように、自己アピールをしていかなければいけません。
しかしこの自己アピールって難しいですよね。
日常生活の中では、例えばクラスが一緒、職場が同じという相手であれば、話す機会もあり、どういう人物なのか知っています。
そのため告白された時の判断材料があります。

ですが出会い系サイトで知り合った場合は、全く知らないゼロから関係を築いていかなければいけません。
自分がどんな性格で、どんな事に興味があり、どんな事を考えているのか?
自分の短所と長所はなかなか把握するのは難しいものです。
もしあなたが、元恋人と友達関係として良好な関係を築いているとすれば、アピールポイントってどこだと思う?
と尋ねてみるといいでしょう。異性の、しかも元好きで好きあっていた相手からの意見ですから参考になるはずです。

しかし元恋人とは喧嘩別れ、もう別れてから連絡を取り合っていないという人もいるでしょう。
その場合は異性の友達や知り合い、異性の友達や知り合いがいない場合は同姓の友達に訪ねてみましょう。
意外が意見も聞けて、自分が客観的にどう見られているのか知る事が出来るのはとても有意義な事です。
例えば自己紹介で、自分は優しい性格です・・・・と自分で優しいとか言ってしまうのはどうなの?と思いますよね。
しかし友達からはよく優しいと言われますなら、アピールポイントとして成立するのではないでしょうか?

自分でぐるぐると考えているだけでは、答えは出ません。こういう時こそ人の意見に耳を傾けてみるべきです。

出会い系サイトの最終目的は出会う事?

出会いを求めて出会い系サイトを利用しているわけです。
出会い系サイトの最終目的は出会う事だと思っている人も多いでしょう。
しかしそれほど出会いに拘らない方が楽しむ事が出来るのではないでしょうか?

確かに有料サイトでメールをするのもお金がかかるという状況であれば話は別です。
ですが無料サイトや本アドを教えてもらいメールのやり取りをするのであれば、メール自体をもっと楽しんでみてはどうでしょうか?
日頃女性と話す機会が全くなくという職場状況の人も少なくないでしょう。
また男子校で、大学は共学だけど女性が極端に少ない理系の学部という環境にいれば女性慣れをしていない男性も少なくありません。

そんな男性がいきなり女性と楽しく会話をしたり、デートをするのは難易度が高いわけです。
女性とはどんな事に喜び、どんな話題に楽しそうに話すのか?
女性とのメールのやり取りで学ぶ事も多いと言えるでしょう。

またメル友として相談相手の位置づけにし、自分が出会い系サイトを利用していて全然出会いがない事を相談するのも手です。
自分ではなぜなのか理由が分からなくても、女性からの客観的意見はとても参考になるはずです。
メル友という位置づけなら相手も安心し、何でも話してくれるかもしれません。
それにメル友と位置付けたからといって、絶対に出会えないのか?というとそんな事はありません。

メル友と出会い、飲み友達となり、そのまま意気投合して付き合うようになったという恋人もいるでしょう。
最初からすぐに会おうと思っていると、その意気込みは相手に警戒感を与えてしまいます。
メル友ぐらいから距離を縮められたら・・・・なんてペースでもいいのではないでしょうか?

出会い系サイト失敗談

出会い系サイトの体験談で素敵な出会いをゲット出来たという人もいれば、出会い系サイトを利用するのではなかったという人もいます。
そんな出会い系サイトの失敗談について紹介したいと思います。
出会い系サイトを利用したのは30代の女性です。
女性は30代になり、周囲の友達もどんどん結婚や出産をし、幸せそうで、焦りを感じていました。
自分自身も結婚願望はあるし、子供も好きなので、相手がいれば結婚をしたいと思っていました。
しかし肝心の相手がいません。職場も女性ばかりの職場なので出会いを期待出来そうにありません。

最近は出会い系サイトで婚活をしている人もいるという話を聞き、自分も出会い系サイトを利用してみようと思ったのです。
もちろん、真剣に結婚を前提に付き合える人という条件をつけて相手を探しました。
しかしアプローチをしてくる男性の多くは、どうも身体目当ての男性ばかりでした。
露骨にエッチな内容のメールを送ってきたり、またすぐに会ってセックスをしようというお誘いばかりです。
選んだサイトに何か問題があったのかもしれませんが、こんな出会い系サイトで結婚相手なんて見つかるわけがない。
そう思ってすぐに退会してしまいました。

そしてすぐに別の出会い系サイトを・・・・という気持ちにはとてもなりませんでした。
なのでお金がかかってしまいますが、自分ももう30代で時間的猶予もあまりないので、結婚相談所にお世話になる事にしました。
次の休みの日には結婚相談所が紹介してくれた男性と出会う予定になっています。
真剣に婚活をするのならまだやはり結婚相談所の方に分があるのではないかと思います。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.